HOME
熊本県出身 河津 真優さん ECCジュニア営業サポート課(公教育)
ECC生徒歴:7年(2002年〜2008年)
在籍していたコース:英語・英会話

ECCジュニアでの一番の思い出

スピーチコンテストに向けた練習が思い出に残っています。
私が住んでいた地域では、年に一度、中学生郡市英語スピーチコンテストが開催されていました。学校代表として選ばれたメンバーの大半は、近くのECCジュニア教室に通う生徒でした。私も中学1、2年生の時に同じ教室に通う友だちと共に代表としてステージに立つことができ、これも小さい頃からECCジュニアで先生に細やかな発音や発表する時のジェスチャー指導をしていただき身についていたからだと思います。コンテスト本番は、3位入賞!同じ教室の先輩方もそれぞれ優勝・入賞という成果を収めることができました。

ECCで働こうと思ったきっかけ

今まで自分の支えとなってくれたECCの英語を今度はECCという会社で還元したいと思ったからです。
小学生の時にECCに通い始めてからすぐ「私は、英語は得意なのかもしれない」というふんわりした自信がつきました。それをきっかけに得意なことをもっと伸ばしたいと思うようになり、高校は県内唯一の英語科へ進学しました。その後、大学も英米文学科に進み、英語を活かせる職を目指すようになりました。更なる将来は、何歳になるかはわかりませんが、ホームティーチャーとして教室を構えることを考えています。

現在の仕事内容

現在は営業サポート課(公教育)で働いています。
小学校の外国語活動・外国語が必修化、教科化した中、授業の進め方で悩まれている現場の先生をサポートする仕事です。具体的には、官公庁、公教育機関、市町村宛に提案書を作成したり、教員向けの研修内容や指導案を作成したりしています。

子どもたちへメッセージ

これから先、みなさんの人生にも進学・就職など自分のことを自分で決めないといけないタイミングが待っています。私も、どの道に進もうか…と迷うこともありましたが、最終的には、ECCに通って芽生えた「英語が好き」という感情が自分を支える一つの柱になり、行動をおこすエネルギーになってきた実感があります。そんな出会いをみなさんにも体験してもらいたいです。