コミュニケーションを図る力である
『生きた英語』が求められています。

グローバル社会を生きる子どもたちにとって、
英語は「話せたら役に立つ」から「話せて当たり前」という存在になろうとしています。
子どもたちに必要なのは、目先の成績や試験のためだけの英語力ではありません。
コミュニケーションを図る力である『生きた英語』が求められています。