英検®の受験はいつから始めるべき? ECCジュニアなら英検®対策もばっちり!

ECCジュニア生の年間英検®合格者数

※「英検」は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。

入試などに有利になると注目をあつめる英検®。近年、英検®を受験する層の低年齢化が進んでいることをご存知ですか?
なかでも、小学生以下が英検®を受験する割合が年々高まり、より上の級に挑戦する子どもたちも増えています。

英検®受験状況 (小学生以下)

英検®受験状況 (小学生以下)

さらに、2016年度からは、英検®4・5級受験申込者を対象に「スピーキングテスト」が導入され、「聞く」「読む」に加え「話す」力も判定可能に。
また、準2級・3級への「ライティングテスト」の導入も発表されました。
今後ますます英語の総合的な力が必要とされるでしょう。

英語教育にご興味をお持ちのお母さん・お父さんへ 今、はじめるべき4つのこと

  • まずは英語に慣れ親しむ
    英語を見たり聞いたりすることに慣れさせることが大切です。
  • 目標をたてる
    まず5級に挑戦。中学の入学選考に優位になる場合もあるので、小学生のうちに5級を目標にしましょう。
  • リスニング力を早期に鍛える
    5~3級まではリスニングの配点が高いので、早くから聞く力を身につけることが大切です。
  • 4技能をバランスよく身につける
    上位級をめざすためには、聞く・話す・読む・書くすべての力が必要。
    総合的な英語力を身につけることが英検®合格のカギです。

英検®合格は、子どもたちに学習意欲や自信をあたえるだけでなく、英語の基礎力・応用力が身についた証になります。

ECCジュニアでは、英語に慣れるための5級準備コースからご用意。
録音機能付きの音声ペンと絵本を使った学習で、「聞く」「話す」「読む」「書く」をバランスよく身につけながら、英検®合格をめざしています。
今回は、「結果が出る」と噂されるECCジュニアの英検®対策コースをご紹介します。
受講している保護者のみなさん、そして先生に感想をお聞きしました。

楽しみながらの成果が励みに

お子さんに英語を始めさせたきっかけと英検®対策コースを選ばれた理由は何ですか?

河野さん・母(小学1年生):娘は、体験レッスンがとても楽しかったようで、自分から通いたいと言い出しました。音声ペンを使う教材も気に入って、いただいたらすぐにやり始めました。楽しいと思える時期に始めて、その気持ちのまま続けていってほしいなと思います。
英検®対策コースでは、結果が検定合格という形で目に見えます。また、目標へ向けて向上心が刺激されますし、合格すれば自信にもつながると期待しています。

横山さん・母(小学6年生・英検®3級):保育園の頃から英語を始めました。英語はこれからの社会で必須だと思ったのがきっかけです。英検®対策コースは、検定合格がひとつの目標なので成果が見えやすく、どのレベルにいるかもわかって励みにもなります。
最近娘は、映画の英語のフレーズを聞き取って、それを日本語に訳して私に教えてくれるようになりました。成長を感じています。

感想

小澤さん・母(小学5年生・英検®4級)
1年生からお世話になっています。評判を聞いていたこちらの教室の体験レッスンに参加しました。二つ上の息子と来ましたが、二人ともとても楽しそうだったので入学しました。
英検®対策コースは、カリキュラム面でも、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能のバランスがいいと感じています。

自宅で学習は工夫されていますか?

小澤さん・母(小学5年生・英検®4級)
毎日必ずCDかDVDは流すようにしています。

古城さん・母(小学6年生・英検®準2級):「今日覚えたことを練習して」と言ったことはありますが、宿題などは自分から進んでやっています。

先生:小1の頃から、習ったことを単語ノートにまとめたり、テキストに付箋を貼ったりしてとても意欲的でした。それが準2級合格につながったのだと思います。

感想

古城さん・母(小学6年生・英検®準2級):こちらでお世話になっている弟の方はマイペースで、自分からはやらないタイプ(笑)。それでもヒアリングの力がつき、話題も豊富になっているのを感じています。二人とも先生が導入で取り上げるトピックがとても面白いようで、食卓でバイオ燃料の話が出てきた時には、どこで覚えたのと驚きました。

先生環境問題などは、英検®の面接でよく聞かれるトピックです。また、この教室には中学受験をする生徒も多いですが、国語や社会で頻繁に出題されています。ある程度、基礎知識がないと、英語でも日本語でも答えるのは難しいですから、レッスンの導入時にできるだけ取り上げるようにしています。

ECCジュニアなら英検®対策もばっちり。

まずは無料体験レッスンから!

無料体験レッスンのお申し込みはこちら 資料請求もこちら

レッスン内容や教室の場所など、お気軽にお問い合わせください