英語力だけでなく、深い思考力と高いコミュニケーション能力を
養成する効果が大きい学習法です。

内容言語統合型学習「CLIL」とは

ひとつのテーマを学ぶ過程で、英語の「聞く・話す・読む・書く」をバランスよく学びながら、4つのCを統合した学習を行います。
また、理科や社会などさまざまな分野を英語で学ぶこの学習法は、生徒の話す意欲をかきたて、学習への動機づけとなります


CLIL(クリル)による学習効果

理科・社会などさまざまな分野を扱う

内容学習と言語学習の比重は1:1。意味のある豊かなインプットは、子どもたちの興味を引きつけ、学習のさらなる動機づけになります。

言語知識が定着しやすい

さまざまなレベルの思考力(暗記、理解、適用、分析、評価、創造)を活用することで、深い思考を伴い、言語知識が記憶に定着しやすくなります。

4技能を結びつけながら学習できる

1つのテーマやトピックについて学ぶ過程で、「聞く・話す・読む・書く」をバランスよく使うので、4技能を有機的に統合することができます。

言語の習得・向上意欲の動機づけができる

異文化理解や国際問題の要素を取り入れることで、異文化意識が育ち、国際社会に参加するための英語習得という「統合的動機」が生まれます。

※統合的動機とは…目標言語話者・文化の理解を深めるために、あるいは目標言語集団に参加し、より多くの人と交流するために、その集団で話されている言語の能力を向上させたいという動機づけのこと。


ECCジュニアが行うCLIL 学習

CLIL 学習の目標

子どもの発達段階に合ったテーマやトピックを取り上げ、その内容学習と言語学習の比重を1:1で統合させることで、深い学びを実現させます。CLIL 学習を通して、英語力はもちろんのこと、思考力、実践力などの21世紀型能力を養成していきます。

内容学習で取り扱うテーマ(一例)

教科的な分野にとどまらず、グローバルな視点を育む多様なテーマ/トピックを取り扱います。

教科 理科 植物の役割と食虫植物の生態
社会 様々な仕事にまつわる情報
家庭科、
保健体育
健康的な生活(栄養素と生活習慣)
日本文化 日本 日本での生活(地図記号・漢字・学校生活)
日本の娯楽(折り紙・花火・相撲)
異文化理解 世界 世界の学校の昼食
世界のスポーツ
世界の祝日

CLIL 学習の流れ

写真や動画を見ながらクイズを行い、テーマに対する興味付けを行います。
まとまった量の英文を聞きながら、Q&Aを行うことで、テーマ/トピックの概要を理解していきます。
学習のまとめとして、テーマ/トピックについて自分で考え、計画・提案を作成し発表します。
異文化理解に関する話題を取り上げ、クラスで意見を交換します。
【例:世界の学校の昼食】
世界の子どもたちが、学校の昼食でどんなものを食べているのかを学びながら、意見交換をします。

動画で見る CLIL 学習

ECCジュニアに実際に通う生徒さんに CLIL 学習を体験していただきました。
クラスメイトと意見交換しながら、ひとつのテーマについて深く考え、学習を進めていきます。自分の意見や考えを英語で生き生きと発表する姿をぜひご覧ください。

撮影にご協力いただいた ECC ジュニアの生徒さん
石田 舞さん(群馬県) 引原 奏音さん(千葉県) 牧野 新さん(千葉県) 水野 美結さん(愛知県)

新学習指導要領に向け
ECCの英語教育は新しいステージへ

ECCジュニアの新しい教材・カリキュラムは、「21世紀型能力」「グローバル・コミュニケーション能力」の養成をコンセプトとした新しい英語教育を実現させるべく、開発されました。
グローバル化、デジタル化が急速に進む日本、社会構造の変化は著しく、「予測不可能の時代」とも言われています。
2020年度に全面施行される新学習指導要領では、急激な社会の変化の中に生きる子どもたちに必要な資質・能力、「21世紀型能力」を備えることのできる学校教育の実現を目指しています。
この英語教育改革に向け、ECCジュニアは"英語のその先"を見据えた新しいステージへと突入します。


サイトトップヘ→

copyright(c)ECC All Rights Reserved.


PAGE TOP